サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスLC試乗。国産ラグジュアリークーペの実力は?

ここから本文です

レクサスLC試乗。国産ラグジュアリークーペの実力は?

レクサスブランドを牽引する量産ラグジュアリークーペ

レクサスからクールな高級クーペ「レクサスLC」が誕生した。フェラーリ、ポルシェ、ベントレー、アストンマーチンなどが牛耳るラグジュアリー・スポーツクーペの世界だが、BMW 6シリーズやマセラティも得意としている。このセレブな世界に大衆車から発展したトヨタ=レクサスがついに足を踏み入れたことは感慨深い。

2012年のデトロイトショーでレクサス・ブースに展示された真紅のクーペ「LF-LC」を見て、自分も開発をお手伝いしたことがある「LFA」の後継モデルとして試作されたのだろうと直感した。LFAはカーボンモノコックのスーパースポーツとして誕生したが、レクサスのイメージを牽引するにはどうしても量産モデルが必要だったのだ。

「LF-LC」は“ポストLFA”として開発されたプロトタイプだったのである。「LC」にはレクサス・チャレンジの意味も込められ、その意気込みは熱い。ショー会場でインタビューした担当役員は、量産型LF-LCはハイブリッドをコアにして、他に類を見ない新しい高級クーペを作りたいと語ってくれた。私はその言葉の裏に、レクサスブランドを磨き上げる決意を感じたのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します