サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスLC試乗。国産ラグジュアリークーペの実力は?

ここから本文です

レクサスLC試乗。国産ラグジュアリークーペの実力は?

V8×トルコンATとV6ハイブリッド×10速CVT

試乗での最大の注目はV8かハイブリッドか? かもしれない。「LC500」と「LC500h」というモデル名が示すようにエンジンは5.0L V8と3.5L V6ハイブリッドが用意される。V8には新開発の10速トルコンAT、ハイブリッドには10速の電気CVT(マルチステージハイブリッドシステム)が採用された。ともに新開発、パワートレーンのキーワードは“10”らしい。

多段化は魅力的だが、開発担当者の苦労は倍増するはずだ。きめ細かい制御を走行シーンごとにチューニングする必要があるからだ。トヨタの場合、従来のギアボックスは「燃費」という価値観に縛られすぎており、ドライバーが楽しめるギアボックスの開発という文化がなかったが、LCはそこにチャレンジした。

エンジンはアメリカがV8、欧州が燃費に厳しいのでV6ハイブリッド、日本がV8とV6ハイブリッドの2本立てだが、マーケットはどう反応するだろうか?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します