現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する

ここから本文です
試乗 2017.10.17 レポート:塩見 智 / 写真:菊池 貴之

リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する
  • リモート駐車など先進装備を満載した最新のSクラスとAMGに試乗する

マイナーチェンジで先進安全装備やエンジンを刷新

「メルセデス・ベンツ Sクラス」がマイナーチェンジした。Sクラスは昔から“お金をかければクルマはここまでよくなる”という高級車のお手本として長らく存在してきた。メルセデスは高級車であるという世間の印象のかなりの部分は歴代Sクラスが構築したと言えよう。動力性能、安全性、快適装備…あらゆる方面でいくつもの新機軸がこのクルマで初めて実用化され、その後多くのクルマへと“下りて”いった。テレマティクス関連の新機能追加と先進安全快適装備の進化、それにエンジンラインナップの変更がこの度のマイナーチェンジの内容だそうで、“最新版のお手本”で東京~軽井沢を往復した。

今回、スタイリングはさほど大きくは変わっていない。細かく見れば、ヘッドランプユニット内に片側3本ずつの光ファイバーが用いられ、そこが流れるウインカーとなって光るようになった。リアコンビランプもLEDを多用した複雑なデザインのものに。フロントのスリーポインテッドスター(のロゴというかエンブレム)について、セダンはボンネットフード先端に小さく、クーペはフロントグリル中央に大きく、という使い分けのルールが崩れて久しいが、Sクラスのそれは最新版でも昔ながらの位置にある。やはりセダンはボンネットの先にちょこんとオーナメントが載っかっている、いわゆる“エレガンス顔”がいいなと古いクルマ好きとして思うのだ。

往路でテストしたのは「S560 4MATIC ロング」。4MATICは4WD、ロングはロングホイールベースを意味する。560は1979~91年に売られたW126型Sクラスの後期に使われていた数字であり、今回の復活を懐かしむ声が周囲の多くの年長者から聞こえてきた。新型S560はマイナーチェンジ前にS550と呼ばれていたモデルの後継の位置づけで、4L V8ターボエンジンが載る。これまでの4.6L V8ターボに比べ排気量は減っているが、数値上はパワー、トルク、燃費のすべてが向上している。

世のおじさんたちはクルマを見ると条件反射的に「それ何cc?」と質問する。自然吸気エンジン中心の時代は排気量が大きいほどパワフルだったからだ。しかしターボエンジン全盛の今となっては排気量を聞いただけで力強さや性格を推し量るのは難しい。メルセデスの車名に用いられる数字ももはや排気量とはほとんど関係がなくなってきたが、車名の数字が大きいほど速く、高価だということは言える。

試乗ステージ:東京~軽井沢

メルセデス・ベンツ Sクラスの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します