サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ブリヂストン新型プレイズに試乗。マイルドな操縦性と静かさで疲れにくい印象

ここから本文です

ブリヂストン新型プレイズに試乗。マイルドな操縦性と静かさで疲れにくい印象

ブリヂストン新型プレイズに試乗。マイルドな操縦性と静かさで疲れにくい印象

写真は、プレイズPX‐RVを装着した日産セレナ

シリーズ全体の印象をまとめると

PX‐RVはセレナ+195/65R15の組み合わせだった。PXよりも少し乗り味が引き締まっている印象がある。硬さではなくしっかり感につながるものなので、むしろ好ましい。静かさ、マイルドな乗り心地を持っていながら、ハンドルをグイッと切らずにスイスイ走ってくれる印象。ウエット路でも手応えがしっかりしており安心感が高かった。

PX‐Cはムーヴ+155/65R14の組み合わせで試乗した。タイヤのサイド剛性、トレッドのブロック剛性が高いためか、他のシリーズよりも応答が良い印象で、ハンドルを切りだすとタイヤがすぐに反応してくれる。ムーヴはかなりソフトな足回りを持っているので、80km/hくらいでレーンチェンジすると、タイヤが先に曲がっていってしまうような印象があり、タイヤサイド部の剛性の高さを感じる。が、サイド剛性が高い分クルマの安定性は高く、小さめのカーブではぐらつきやふらつきが少なく走りやすかった。

改めてPXシリーズの印象をまとめると、マイルドで静かで、それでいてハンドル修正が少なくて済む、ストレスの少ないタイヤに仕上がっていると思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します