サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > セダン市場はプリウスのひとり勝ち。N-BOX、2万台の大台を達成【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ここから本文です

セダン市場はプリウスのひとり勝ち。N-BOX、2万台の大台を達成【ボディタイプ別売れ筋・2月】

ステーションワゴン:カローラフィールダーが4割近いシェアで首位独走

ステーションワゴン市場は、前月比21.7%増の9029台とアベレージを上回る伸びを示した。目立ったニューモデルや改良はなかったが、販売上位モデルは軒並み需要拡大の波に乗っており、各モデルが安定したセールスを達成した結果と見ることができそうだ。

首位は当月も「トヨタ カローラフィールダー」がキープ。前月比24%増を達成しており、市場シェアは4割に届きそうな勢いだ。2位「ホンダ シャトル」は、前月比16%増の2724台をマークし、このところ安定して2位を獲得している。さらに5月にマイナーチェンジを予定しており、デザインの小変更と質感向上が図られる見通しだ。

3位と4位は「トヨタ プリウスα」と「スバル レヴォーグ」が前月から順位をキープ。前者は前月比約37%増と好成績を達成した。5位「マツダ アテンザワゴン」は、僅差で「ホンダ ジェイド」を抜いて、トップ5入りを果たした。

【 トヨタ カローラフィールダーのその他の情報 】
トヨタ カローラフィールダーの中古車一覧
トヨタ カローラフィールダーのカタログ情報
トヨタ カローラフィールダーの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ