サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型セレナに試乗。ミディアムミニバン3強の中で頭ひとつ抜けた完成度

ここから本文です

新型セレナに試乗。ミディアムミニバン3強の中で頭ひとつ抜けた完成度

プロパイロットはどこまで使えるか?

新型セレナといえば、国産初をうたう自動運転システム「プロパイロット」を無視するわけにもいかない。日産プロパイロットは「車速10km以下で前走車あり」という条件では手放し完全自動運転も可能だそうで、この点ではメルセデスなどとならんで、市販車としては世界でもっとも高度な自動運転システムなのは事実。さらに、それを基本的にカメラ1個のシンプル(=低コスト)なシステムで実現したことは素直に感心する。

ただ、リアルな交通環境でそんな条件で手放し走行できるケースはまずない。よって、日産自身も実際は「高速道路のみの使用」を想定しており、これは実質的に「全車速対応&車線維持アシスト付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)」である。

国産車でプロパイロットにもっとも近い機能を有しているのはスバルのアイサイトだ。アイサイトに対するプロパイロットのアドバンテージは、車線維持アシスト範囲が広いこと。担当氏によれば「実質的に日本国内の自動車専用道路すべてをカバーする」とのことだが、実際には設定速度が高すぎたり、滑りやすい路面状況ではアシストしきれないケースもままあり、今回の横浜周辺1時間程度の試乗では、アイサイトに対して明確に秀でたシステムとはいいづらい。

ただ、面白いのはステアリングに沿えた手に、クルマにまるで意志があるかのように強力にグイグイと強めの介入が伝わってくることだ。このあたりは「自動運転感」を演出するための意図的なチューニングだとか。

惜しいのは1カメによる車間検知精度が甘いのか、あるいはエンジンパワーに余裕がないせいか、純粋なACCとしてはアイサイトにちょっと劣る印象であることだ。クルマまかせの走りだと、アイサイト以上に頻繁に割り込まれたり、よほど気をつけないと追い越しで後ろからあおられるケースが目立った。

もっとも、こうした不満は「世界初の自動運転!」と期待しすぎ……の部分もあり、これを車線アシスト付きACCと割り切れば、少なくともアイサイトと同等、もしくはそれに次ぐ完成度と使い勝手をもつ。緊急自動ブレーキ機能も含めて、少なくともライバルのセーフティセンスCやホンダセンシングよりは優秀な装備といっていい。

ACCは一度使うと病みつきになる依存性の高い技術である。まして小さな子供がいるミニバンユーザーは、分かっていても大渋滞に突っ込まなくてはならないこともあるだろう。そうしたときにはACCは素直に便利で、確実な疲労低減効果もある。その意味で、実質25万円弱のプロパイロットを含む「セーフティパックB」をフンパツする価値は十分にある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します