サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバル レヴォーグ ハズれのグレードはないが約40万円高のアイサイトXは絶対に付けたほうがいい

ここから本文です

スバル レヴォーグ ハズれのグレードはないが約40万円高のアイサイトXは絶対に付けたほうがいい

欧州ワゴンに引けを取らない走り・質感・使い勝手

スバル レヴォーグは、その初代は2014年6月に発売されたミドルサイズのステーションワゴン。当時、スバルのステーションワゴンといえば「レガシィツーリングワゴン」がおなじみでした。しかしレガシィは世界戦略車として代を追うごとに大型化されていったため、サイズ的にレガシィとインプレッサの中間に位置するレヴォーグが、「国内専用車」として投入されたのです。

現在販売されているレヴォーグは、2020年10月に販売開始となった2代目。初代と同じく「日本国内での使い勝手を意識した」というボディサイズは全長4755mm×全幅1795mm×全高1500mm。確かに全幅は日本の道で比較的扱いやすい1800mm以下に抑えられましたが、先代と比べて全長は65mm長く、全幅も15mm広くなっています。

基本骨格は、現行型インプレッサから採用開始となったスバルグローバルプラットフォームをさらに進化させた「フルインナーフレーム構造のスバルグローバルプラットフォーム」というもの。

そこに載せられるエンジンは、新開発の1.8L水平対向4気筒ターボエンジン。これは最高出力177ps/最大トルク300Nmというスペックですので、先代レヴォーグに搭載された2Lターボエンジンのような「超強力」といった類のものではありません。

しかし普通に公道を走る際に主として使う「常用回転域」においては、先代の2Lターボに勝るとも劣らぬ力強さを発揮します。トランスミッションは全車CVT(リニアトロニック)ですが、こちらも大幅な改良を受け、一般的なステップATとそう大きくは変わらないフィーリングを得るに至っています。駆動方式は全車AWD(4WD)です。

先進安全装備のアイサイトは、最新世代の「アイサイト ツーリングアシスト」というタイプが全車に標準装備されるほか、大注目の新機能「アイサイトX」も全車にオプションとして設定。

アイサイトXは、準天頂衛星「みちびき」やGPSから得られる情報と3D高精度地図データ、そしてドライバーの状態をモニタリングするシステムやステアリングホイールのタッチセンサーを併用することで、渋滞時のハンズオフアシストと発進アシスト、さらには高速道路上のキツめのカーブや料金所付近で車速を自動的に制御してくれるという便利な、そしてかなり先進的な機能です。

これらの基本骨格や新エンジン、先進安全システムなどが総合された結果としての現行型スバル レヴォーグの走りは「お見事」のひと言。類似するクラスの欧州製ステーションワゴンにもほとんど引けを取りません。

またインテリアのデザインや質感もおおむね上々で、アイサイトX装着車に標準装備される11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイの使い勝手も良好。さらにステーションワゴンとしての使い勝手も良好で、邪魔な段差や敷居がなく、なおかつ広いテールゲート開口部は、荷物の出し入れにおいてかなり重宝します。

次のページ>>アイサイトXは絶対に付けたほうがいい

このページの写真:STI Sport EX

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します