サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 本日発表! 8年ぶりのFMCを受けた「ジャガーXF」に海外試乗

ここから本文です

本日発表! 8年ぶりのFMCを受けた「ジャガーXF」に海外試乗

かの地ではスポーティネスなイメージ

燦々と太陽が降り注ぐ、スペイン・パンプローナ空港に降り立つ。国際試乗のステージに選ばれたのは、スペイン北部にあるパンプローナだ。牛追い祭りで知られるバスク地方の町で、ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』の舞台でもある。

英国生まれのアッパーミドル・サルーンの試乗ステージに、なぜ、このエリアが選ばれたか聞いてみたところ、意外なことにFIA認定のナバラ・サーキットがあるからだという。「ジャガー」=ラグジュアリー・サルーンというイメージが強い日本では意外に思われるかもしれないが、ヨーロッパにおいては、レース・シーンでの輝かしい実績を持ち、スポーティネスを重視する自動車メーカーとして認識されている。

ジャガーは一貫して技術志向が強く、イノベーションによって、車両価格と性能の高いバランスを実現してきた自動車メーカーでもある。前身にあたる「SSカーズ」時代に発売された最初のモデル「SS1」は、ベントレーやアストンマーティンに匹敵する性能を持ちながらも、手の届きやすい価格だったために人気を博したという歴史を持つ。戦後にはル・マン24時間耐久レースに参戦し、1950年代には「Cタイプ」と「Dタイプ」で合計5勝を上げている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します