サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 本日発表! 8年ぶりのFMCを受けた「ジャガーXF」に海外試乗

ここから本文です

本日発表! 8年ぶりのFMCを受けた「ジャガーXF」に海外試乗

ディーゼルターボの走り味は?

早速、ナバラ・サーキットを目指して、ステアリングホイールを切る。アッパーミドル・クラス・セダンの試乗にあたってサーキットでの試乗を用意したことは、当然、ジャガーがこのクルマをスポーティに作り上げた自信の表れでもある。

430Nmもの最大トルクを1750rpmから発生して後輪で路面を蹴るという、高級セダンらしいパワフルな走りに好感が持てる。吹け上がりも軽快で、エンジン回転数のレブリミットさえ見なければ、ディーゼル・エンジンとは思えないほどだ。ZF製8速ATは変速マナーがよく、多段化されていてもビジーな感じはしない。

フロント・サスペンションの形式がダブルウィッシュボーンを採るのは先代と同じだが、インテグラル・リンクに刷新されたリア・サスペンションが乗り心地に及ぼす効果は絶大だ。28%も剛性が高められたボディと相まって、スペインの荒れた道でも乗り心地がいい。

それでいて、高出力版でも、4.3L/100kmという燃費性能なのには驚かされる。軽量なアルミ素材を多用した構造にボディを刷新し、最大で190kgもの軽量化が図られたことは、走行性能と燃費性能の双方に好影響を及ぼしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します