サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 本日発表! 8年ぶりのFMCを受けた「ジャガーXF」に海外試乗

ここから本文です

本日発表! 8年ぶりのFMCを受けた「ジャガーXF」に海外試乗

高性能版たるV6スーパーチャージドは?

サーキットに着くと、今度は、340ps/450Nmを生むスーパーチャージド3.0LV6ユニットを積んだハイ・パフォーマンス・モデルに乗り換える。ナバラ・サーキットは、全長約4kmのテクニカルなコースである。

アクセルの踏み込みにあわせて、滑らかにエンジン回転数が高まり、6500rpmでトルクが最高潮に達する。充分に速度を落として、コーナーへと進入すると、前輪に荷重が移動していき、操舵にあわせて素直に姿勢を変えていく。アッパーミドルに属するボディ・サイズの割に、すっと鼻先が曲がっていき、まるで一回り小さなクルマかのような軽快な印象だ。トルクベクタリング機構の採用により、回頭性が高められているのはもちろんだが、軽量化の効果も大きいだろう。

タイヤが路面に食いついたのを感じたところで、アクセルを開けていくと、強大なトルクが後輪に伝わっていく。こうしたシーンでリア・サスペンションの追従性が高く、安定したコーナーリングができることにより、結果としてクルマの限界をつかみやすい。スポーティな走りに充分に耐える実力を持つと同時に、大トルクでボディを押し出していく、余裕のある加速はアッパーミドル・サルーンにふさわしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します