サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 出足好調という新型N-BOXの進化ポイントをあらためて確かめた

ここから本文です

出足好調という新型N-BOXの進化ポイントをあらためて確かめた

出足好調という新型N-BOXの進化ポイントをあらためて確かめた

N-BOX G・L ホンダセンシング

軽量化の恩恵が感じられる走り

天井が高く、スペースユーティリティに優れたスーパーハイトワゴンは実用面で長けてはいるが、じつは走りの面ではその重心の高さやスライドドアの機構をもつことによる重たさで不利な状況に陥りやすい。その点、初代N-BOXは操縦安定性に優れたダイハツ タントや、軽快で低燃費がウリのスズキ スペーシアと比べると、重たい車重や重心の高さによって安定性と燃費の面でネガが目立ちやすかった。

今回のN-BOXはそうした課題を払拭すべく、プラットフォームやボディの骨格構造を一新。わずか6年のモデルライフを経て、一から作り直してみせた。パワートレーン、内外装、走りを支えるシャシーはボディを含めて150kgの軽量化に成功し、そこに快適性などを高める装備70kg分を盛り込んで、差し引き約80kgの軽量化を実現した。これにより、従来よりも便利でお洒落で快適、さらには低燃費まで見込めるということで、ユーザーがクルマに求める価値が大幅に高まっている。

使えるクルマとしての実力がグッと高まったN-BOXだが、家族や友人と移動すると考えれば、走りの質も気になるだろう。先ずはノンターボのエンジンで14インチのタイヤを装着したモデルから試乗してみる。発進では背の高いボディから想像するようなモタツキを感じさせないスムーズな加速を披露。

CVTはごく自然にエンジンの力を引き出していく感覚だ。i-VTECが採用されたエンジンは5千回転を超えると振動とノイズが気になり始めてしまうが、低めの回転数をキープして走れば気にならず、前に進んで行く力も十分に得られる。それ以外に軽量化の恩恵が感じられるのは、車体と身体が無駄に揺すられる感覚が大幅に減ったこと。カーブでハンドルを切り込むと適度なロール感が得られ、腰砕けな走りになっていない。ステアリング操作は一度の切り込みでしっかりと曲がり、早いタイミングでスッと切り戻せる。クルマの姿勢がスムーズに変わっている証拠といえそうだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します