サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ティグアンに待望のディーゼル&4WD導入。課題はモアパワー

ここから本文です

ティグアンに待望のディーゼル&4WD導入。課題はモアパワー

ティグアンに待望のディーゼル&4WD導入。課題はモアパワー

フォルクスワーゲン ティグアン

楽しさも含めて20万円高くてもディーゼルを推す

ただし、340Nmバージョンであっても、従来唯一の選択肢だった1.4L直4ガソリンターボエンジン搭載モデルと比べると、常用域での力強さは一段も二段も上。最高出力は150psと同じだが、その発生回転域は低い。低いということは最高出力に達しやすいということを意味する。また最大トルクはディーゼルのほうが90Nmも上(発生回転域はほぼ同じ)。90Nm違えば別のクルマだ。

エンジン回転が伸びやかなのはガソリンだが、といっても8000rpm回るわけではないので、下から力強いディーゼルのほうが実用的だし、走らせて楽しくもある。ただし、JC08モード燃費の差はディーゼルが17.2km/L、ガソリンが16.3km/Lと大きな差はない。もっとも燃料代は軽油のほうが安いわけだが。

ティグアンの場合、同じ装備レベルだとディーゼルは20万円高い。損得は何年間乗るか、何キロ乗るかによって変わってくるが、“日常的に感じる力強さ”というメリットのためにも+20万円を支払う価値があると私は思う。予算に限りがあるならグレードを下げてでもディーゼルを選択することをおすすめしたい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します