サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ティグアンに待望のディーゼル&4WD導入。課題はモアパワー

ここから本文です

ティグアンに待望のディーゼル&4WD導入。課題はモアパワー

ティグアンに待望のディーゼル&4WD導入。課題はモアパワー

フォルクスワーゲン ティグアン

パサートと同じハイパワー版を導入してほしい

今回試乗したティグアンに搭載されるのは、パサートに載るのと同じ2L 4気筒ディーゼルターボエンジンのTDI。7速デュアルクラッチトランスミッションとの組み合わせ。パサート同様必要に応じて排ガスにアドブルーを吹きかけて浄化するシステムを備える。パワーは異なる。パサートのエンジンが最高出力190ps/3500-4000rpm、最大トルク400Nm/1900-3300rpmなのに対し、ティグアンでは同150ps/3500-4000rpm、同340Nm/1750-3000rpmとなる。パサートを日本におけるフラッグシップディーゼルモデルに位置づけたいためだろうか。ともあれ、試乗した。

ディーゼルのパサートと同じ部分もあれば異なる部分もあった。同じ部分はまず静粛性の高さ。アイドリング時、加速時、巡航時のどこをとっても、4気筒ディーゼルとして第一級の静粛性を誇るのは同じ。車内のみならず車外で聞く騒音レベルも小さい。そしてこれは静粛性とも関連しているはずだが、回転のスムーズさも4気筒ディーゼルとしてはパサートのディーゼル同様、ワンノブベスト。アクセルペダルを踏む右足にも、シートに接する身体にも、ステアリングホイールをもつ手にもざらついた感触は伝わってこず、シュルシュルと回る。

いっぽうで、勢いよくアクセルペダルを踏みつけても、グワッとくるはずのディーゼル特有の加速感にはやや乏しい。スペック通りの差を感じる。静かでスムーズだから実際よりも力強さを感じにくいというのはあるかもしれない。加速のフィーリングに限ってはマツダのディーゼルに似ている。力強さはマツダが上。厳密にはあっちは2.2リッターだが。率直にいって、ティグアンにもパサートと同じ400Nmバージョンを設定してほしいと思った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します