サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 元祖スカイアクティブのCX-5が一新。公道試乗で見えた魅力と課題とは?

ここから本文です

元祖スカイアクティブのCX-5が一新。公道試乗で見えた魅力と課題とは?

元祖スカイアクティブのCX-5が一新。公道試乗で見えた魅力と課題とは?

CX-5 20S プロアクティブ

いきなり結論! 2.5Lガソリン×4WDに注目

2月2日の発売開始までの期間に、月販目標の約4倍近い台数(9055台)の予約注文を集めた新型「CX-5」。近年のマツダ車は高い人気を誇るが、このCX-5も例外ではない。

そもそもマツダ車がなぜこんなにも人気を集めるのか。端的に言えば、「スカイアクティブ」が挙げられるだろう。見てワクワクさせるデザイン。上質さ漂う室内空間。予想超えの走り易さや走りの質。全設計を一から見直しクルマを作り変えたスカイアクティブにより、見てよし・触れてよし・乗ってよし! の3拍子が揃った。

新型CX-5はスカイアクティブの2巡目にあたる最初のモデルとなる。2012年、スカイアクティブを初採用したことで、当時のマツダ車と比べても大幅に商品力を高めて登場した初代CX-5。そのオーナー達をさらに満足させることができるのか? 次世代スカイアクティブの真価が問われる一台だ。今回は2.5Lガソリン車と2.2Lディーゼル車、それぞれのFFと4WDに乗ることができた。

いきなり結論を言ってしまうと、先代CX-5のイチオシは人気の火付け役にもなっていたディーゼルエンジン搭載モデルだったが、新型ではガソリンエンジンの逆襲とでも表現したくなるほど、2.5L×4WDモデルの乗り味が円熟していたのだった。次ページから解説していこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します