サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型プリウスPHVにはスタンダードなプリウスには無い魅力がてんこ盛り

ここから本文です

新型プリウスPHVにはスタンダードなプリウスには無い魅力がてんこ盛り

快適なエアコンシステムはお得感あり

試乗では加速力を試すために無駄なアクセルワークも少なからずあったが、41kmの距離までEVモードが持続した。JC08モードに対する達成率は約60%。外気温10℃のなかでエアコンを23℃に設定しての走行なので悪くはないだろう。

ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンのおかげで、EVモード中に暖房の熱源のためにエンジンが始動することがなく、お得感があった。ハイブリッドカーは冬場のエンジン始動が多くなり、夏場よりも燃費悪化率が大きいことになんだかモヤモヤさせられるものだが、このシステムならそんな心配もない。コールドスタート時でも素早く温風が出てくるとのことなので、エンジン車以上に快適だろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します