サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > スープラはバランスの良いクルマだがその名相応の個性が欲しい

ここから本文です

スープラはバランスの良いクルマだがその名相応の個性が欲しい

スープラはバランスの良いクルマだがその名相応の個性が欲しい

トヨタ スープラ RZと伊藤梓さん

色眼鏡を外してスープラを見てみる

「スープラの新型が出る!」そう聞いて、スープラの歴史を知らない私でも、不思議と心が踊った。私がクルマ好きになった頃には、トヨタのスポーツカーと言えばもう86しかなかったし、正直に言うとトヨタに対してスポーツカーのイメージは薄い。それなのにどうしてなのだろう。

「今の若い人は良い時代のクルマを知らなくてかわいそうだ」

これは自動車業界で働くようになって、何度も言われた台詞だ。そして、その良い時代のクルマのひとつとして、スープラの名前を聞くこともあった。私の中で「きっとすごいクルマなんだろうな」と想像だけがどんどん膨らんでいく。そして、今まさに自分がそのスープラにリアルタイムで乗れる時が来たのだ。

私のようなスープラを知らない世代の“期待”や、昔からのクルマ好きにとっての“懐古”は、スープラにとって過剰な追い風になったり、あるいは重荷になったり、クルマ自体がまっすぐに評価されることは少ないような気がする。「スープラ」というだけでたくさんの人が色めき立つ。その求心力はすごいと思うが、一旦その思い込みや偏見をのぞいて、まずはありのままのスープラを見てみたくなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します