現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた

ここから本文です
試乗記 2018.12.11 レポート:石井 昌道 / 写真:ボルボ・カー・ジャパン

来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた
  • 来年日本上陸予定のボルボ最新セダンS60の実力を上位モデルで確かめた

S60 T8 ポールスター・エンジニアード

見た目の美しさは最近のボルボのなかでも出色

日本ではセダンの人気がいま一つであり、S60も飛ぶように売れるとはいかないかもしれない。だが、セダンならではの見た目の美しさは最近のボルボのなかでも出色だ。フロントアクスルが比較的前出しにされ、Aピラー付け根を後方に引いたことによって、FR系のようにロングノーズ・ショートキャビンとなったプロポーション。

後方にむけて滑らかな弧を描くルーフライン。テールエンドに向けてエレガントに絞り込まれたリア周り。面やラインをシンプルに抑えて純粋なフォルムで勝負している。とくにブラックのボディカラーに大径ホイールを履いたポールスター・エンジニアードなどは、エレガントながら凄みが効いたユニークさが目をひいた。こういったとんがったキャラクターは、過去の850 T5-Rや先代S60ポールスターにも通じるから、絶対数は多くなくても熱狂的に歓迎するファンはいるはずだ。

アメリカ工場がまだ立ち上がったばかりということもあって日本上陸はまだまだ先になるという。2019年の後半にはなりそうだが、それだけ熟成する時間があるのだと前向きに捉えて待つことにしよう。 

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tet*****|2018/12/11 09:06

    違反報告

    日本で使うには車幅だけが広過ぎて惜しい。
    最近のボルボは中国資本の上手い使い方の例を
    見せてくれていると思う。日本企業も見習って欲しい。
  • la_*****|2018/12/11 08:39

    違反報告

    まあいわゆるファーウェイですね
  • ooi*****|2018/12/11 15:27

    違反報告

    昔のボルボはベンツの半額で買える、値段相応の安物外車だったが、最近はまともになったのかな。最近はべンツも質を下げて、価格と質が相対していないので昔ほどの差はなくなったのかな。だったら買う客もいるのだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します