現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

ここから本文です
試乗記 2018.10.26 レポート:五味 康隆 / 写真:菊池 貴之

アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった
  • アルピーヌA110は低グリップの専用タイヤを履くドリフトマシーンだった

トランスミッションは7速DCTのみ

ドライビングプレジャー。A110に込められたものは、そのひと言に尽きる。来日した開発ドライバーのダビット氏が、最後は数値などではなく楽しいと感じる感覚を大事に仕上げたと言っていたのが印象深い。

順を追って話すと、ドライバーとの一体感と運動性能を求め、パッケージはミッドシップに決まる。コンセプトは、サーキットも楽しめるクルマでありながら、一般道でも楽しく安全であること。そのために「軽量」「ハンドリングの俊敏性」「イナーシャー(慣性)低減」「ドリフトしやすいこと」を大事にしたという。

その結果、車両重量は1110kg(リネージは1130kg)。前後重量配分は44:56というミッドシップの理想的数値に持ってきた。そのうえで高い支持剛性や、タイヤの接地を安定させグリップ力変化を抑える前後ダブルウィッシュボーンを採用。

俊敏性を生み出す適度にコンパクトなボディは全長4205×全幅1800×全高1250mm。1800mmしかないのにフロントにハンドリング向上をもたらすダブルウィッシュボーンを装着できるのも、ミッドシップの隠れた魅力といえる。

トランスミッションはダイレクトな操作感や素早い変速が可能な7速DCT。ちなみにMTの設定は今時点ではない。そこに最高出力252ps、最大トルク320Nmを発揮するする1.8L直噴ターボエンジンを組み合わせる。エンジン紹介が最後になったが、シャーシ性能がより重視されているので仕方ない。

ちなみに重心点はドライバーのお尻の位置。ここが最もクルマの動きを感じやすいということで、闇雲に重心点を下げることより感覚を大事に仕上げたそうだ。

編集部注※10月29日追記 本文の表現を一部修正いたしました。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します