現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ

ここから本文です
試乗記 2016.11.26 レポート:岡崎 五朗 / 写真:プジョー・シトロエン・ジャポン

プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ
  • プジョー新型3008に海外試乗。個性派SUVのプレミアム化が進んだ

狙いはクラスを超えた質感とデザイン

イタリア北部、ボローニャで対面した新型3008は、想像を遥かに超える存在感を放っていた。パリモーターショー2016で公開されたときの写真は見ていたから、その姿が先代モデルとガラリと変わっていることは十分に理解しているつもりだった。けれど、実車を前にしてみると、尖ったデザインもさることながら、立ち位置までもが変わっていることを実感したのだ。おそらくプジョーは3008をひとつ上のクラスに移行したかったのだろう。そんな印象を抱くほど、新型3008はプレミアム感に満ちていた。

ボディサイズは全長4447mm×全幅1841mm×全高1624mm、ホイールベース2675mm。現行型(同4365×1835×1635、2615mm)と比較してわずかに大きくなっているが、劇的な大型化というわけではない。全高は逆に低くなっている。しかし、前述したように伝わってくる存在感はまったくの別モノ。よりダイナミックに、より力強く、よりスポーティーに、よりモダンに、そしてよりプレミアムになった。先代は数字より小さく見えたが、新型は数字より大きく見えると言えばわかりやすいだろう。もっと正確に言うなら、大きく見えるというより、存在感が強いとなるのかもしれない。

そんな印象を開発者にぶつけてみたところ、狙ったのはまさにそこで、新型3008を開発するにあたってもっとも注力したのは、クラスを超えた質感とデザインを与えることだったという。さらに、高貴で優雅で均整のとれたプロポーションと、ライバルより低い車高をライバルに対する独自性として挙げていた。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kim*****|2016/11/26 10:19

    違反報告

    プジョー、シトロエン、ルノー・・・今フランス車の出来が素晴らしい。

    プジョー2008、3008、ルノー トゥインゴ、キャプチャー、シトロエンDS3、DS4・・・どれもエクステリアデザインは絶妙だ。エンジンもダウンサイジングターボと難しいと言われる3気筒、小排気量を積極的に取り入れるなど挑戦的である。

    価格も高価格化した日本車とさほど変わらなくなってきているのでより一層魅力的だ。

    後は是非4WDという選択肢も増やして欲しい。
  • pok*****|2016/11/26 02:28

    違反報告

    新型プジョー3008。ライバルとなるVWティグアンよりスタイリッシュだと思う。ティグアンは確かに実力車だと思うが、フロントグリル以外は退屈なデザインで、遊びが少ないと思う。コックピット周りも平凡なティグアンに比べて斬新な印象を受ける。6ATか7DSGかの差については、ドライバーのフィーリングによって異なるが、6ATもアイシンAWが3008にあった仕様にしていると思うので、問題ないと思う。
    そして何より個人的に好みなのが、フランス車全般に言えることだが、締め付け感がないところ。シートの造りをはじめカップホルダーの位置までも強制感がない。だからドライバーが疲れにくいと思う。
  • aki*****|2016/11/26 08:21

    違反報告

    全体的にバランスが取れていてカッコ良い。新鮮味もあるしこの辺はプジョーは上手いと思う。
    エンジンスペックも良いし、価格、サービスに問題なければ十分に購入対象になりそう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します