現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃

ここから本文です
試乗記 2016.6.28 レポート:塩見 智 / 写真:篠原 晃一

【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃
  • 【速報】レヴォーグの新グレード、STI Sportに試乗。乗り心地の向上に衝撃

レヴォーグ 2.0 STI Sport EyeSight

特徴は?

スバルを長年支えてきた初代~4代目レガシィ。2009年に登場した5代目は日本の何倍も売れている北米市場の要望が優先され、車体が大型化した。それはそれで別のクルマとして魅力的だが、この国には大きいとそれだけで愛車候補から外さざるをえないユーザーも少なくなく、4代目までのちょうどいいサイズのレガシィを懐かしむ声はやまなかった。

そこでスバルは日本専用に新たなモデルを開発、2013年の東京モーターショーでお披露目し、翌14年に発売したのがレヴォーグだ。レオーネ、レガシィ、レヴォーグ……、スバルの基幹モデルは「レ」で始まるのだ。なお“日本専用モデル”として登場したが、現在は欧州や豪州にも展開されている。それはそれでいいじゃないか。せっかくいいクルマができたんなら世界中で売るべきだ。

エンジンはいずれも水平対向の直噴ターボで、1.6リッターと2.0リッターの2種類がある。どちらもスバル独自のCVT「(スポーツ)リニアトロニック」と組み合わせられる。サイズがちょうどいいのに加え、国産車としてはいち早く高効率の新世代ターボエンジンを採用したこともあって、売れ行きは14年度が4万1571台(17位)、15年度が2万4332台(29位)と好調。SUV全盛の時代にあって、国産ステーションワゴンとしてほぼ唯一人気を博している。

そのレヴォーグも発売から2年と少したち、今回、マイナーチェンジが行われた。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します