現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!

ここから本文です
試乗記 2010.9.14 レポート:小沢 コージ / 写真:中野 英幸、トヨタ自動車

日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!
  • 日本導入は11月が濃厚 FJクルーザーに試乗!

クルマは見た目じゃわからない!

走りも驚くほど本格派だ。ラダーフレーム付きがゆえ、フロア高は、私のヒザ丈ぐらいまであり、視界は高い。ステアリングフィールもスポーツカー的な微妙な味わいはなく、パワーアシストが効いた大味なもの。

しかし、ボディ剛性は十分以上に高く、基本的な乗り心地はいいし、フレーム付きボディの特長で、ある程度の段差を超えると、大きな衝撃が入り、扁平率70%の大径17インチタイヤがゆえ、轍ではそれなりに揺さぶられるが、通常の道、特に日本の舗装された高速ならば長距離乗っても不安はないはず。

舵を切った時のノーズの動きも正確で、昔のクロカン4WDにあったような、コーナリング中に急にノーズが内側を向くような不安定さは一切無い。直進安定性もいい。エンジンも260pspsの4リッターV6・DOHCで、特別軽快に回ると言うことはないが、「ゴー」と力強い音と共に、たっぷりとトルクを効かせて走ることができる。

そして今回は残念ながら試せなかったが、肝心なのは悪路走破性で、サスペンション形式からしてプラド同様リアがリジットアクスルのトレーリングアーム式、フロントが独立のダブルウイッシュボーン式と本格的。

チーフエンジニア氏によると「ちゃんとメンテナンスすれば50万kmは走れます」とのことで、耐久性は「砂漠の王様」と言われる最新型ランクルレベルなのだ。見た目がトレンディがゆえに誤解しがちだが、中身は驚くほど硬派。人は見た目じゃわからないというが、クルマもそれは同じなのだ。

試乗ステージ:富士スピードウェイ周辺 車種:FJクルーザー

    全長×全幅×全高=4671mm×1905mm×1828mm
    ホイールベース=2689mm
    車両重量=1969kg
    駆動方式=4WD
    エンジン=4.0リッターV型6気筒DOHC
    最高出力=191kW(260ps)/5600rpm
    最大トルク=367Nm(37.4kg-m)/4400rpm
    トランスミッション=5速AT
    車両本体価格=2万5770ドル
    ※数値はすべて北米仕様車

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します