サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > マーケット > SUVのライバル対決が熱い。カムリやFMC直前のN-BOXは?【ボディタイプ別売れ筋・7月】

ここから本文です

SUVのライバル対決が熱い。カムリやFMC直前のN-BOXは?【ボディタイプ別売れ筋・7月】

SUV:コンパクト&ミドルクラスの戦いが熱い

SUV/クロスオーバー部門は、全体的に需要は安定しているが、同部門トップの「トヨタ C-HR」が前月比44%減と大幅に落ち込み、これが市場全体のシェア低下に響いた。とはいうものの、C-HRは2017年上半期のSUV登録台数でトップとなり、7月単月でも首位の座を保つなど、絶好調の人気を保っている。

その直接のライバル「ホンダ ヴェゼル」は、登録台数を前月から24%下げ2位から3位へと転落。そのスキをついて2位に浮上してきたのは、「トヨタ ハリアー」だ。ハリアーは6月に2リッター直噴ターボエンジンをラインアップに加えて競争力を高めており、ライバルの「日産 エクストレイル」を押さえて、同クラスのSUVのトップに立っている。一方のエクストレイルも7月は登録台数の落ち込みは最小限で、4位をキープしている。

SUV/クロスオーバー部門は「C-HR vs ヴェゼル」、および「ハリアー vs エクストレイル」の競争が火花を散らしている状況。加えて、5月発売の「スバル XV」も販売は好調で、7月は3994台を登録し5位につけた。

おすすめのニュース

サイトトップへ