サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > マイチェンしたBMW 7シリーズの目玉は巨大グリルだが、意外や乗り心地が大きく改善

ここから本文です

マイチェンしたBMW 7シリーズの目玉は巨大グリルだが、意外や乗り心地が大きく改善

クーペ並のボディ剛性をもつ8シリーズカブリオレ

一緒に試乗した8シリーズカブリオレにも触れておこう。「こんなカブリオレは乗ったことがない」というのが第一印象だ。すでに日本でも市販されている8シリーズクーペのオープン版だが、2+2パッケージのオープンは走りの剛性感や風切り音で不利なものだ。だが新型8シリーズカブリオレは、見事に私の予想を裏切ってくれた。剛性感はハードトップの8シリーズとなんら変わらず、ステアリングポストからの振動も少ない。

専用開発のソフトトップは8シリーズのエレガントなデザインにマッチする造形だからルーフを閉めても、開けても格好いい。特に閉じたスタイルはチャーミングだ。トランク容量も280Lが確保されている。

日本にはV8ターボとディーゼルエンジンが投入されるらしいが、個人的には直6のガソリンエンジンがほしい。ライバルはズバリ、「ポルシェ911 カレラ カブリオレ」だと思うが、エレガントさでは負けていない。8シリーズのカブリオレは、今年のBMWの目玉になりそうだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します