サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサス「RX」マイチェン版試乗。長期的なブランド戦略は理解できるが鮮度が心配

ここから本文です

レクサス「RX」マイチェン版試乗。長期的なブランド戦略は理解できるが鮮度が心配

2回目のマイナーチェンジを実施

2019年8月にマイナーチェンジした最新のレクサス「RX」に試乗した。RXは2015年にフルモデルチェンジし、17年に3列シートの7シーターが追加されるなど、最初のマイナーチェンジがあり、今回が2度目。

今回は先進安全装備の充実やカーナビがタッチスクリーン式になったほか、3列シートモデルの2列目を独立2座のキャプテンシートとした6シーターモデルが選べるようになった。テスト車両は3.5リッターV6エンジンにハイブリッドシステムが組み合わせられた「RX 450hL」。

他ブランド同様、レクサスも最近は車名の数字が具体的に何かを示しているわけではなく、おおよその力強さを表しているケースが多い。つまり「450」といっても4.5リッターエンジンを搭載しているわけではないし最高出力が450psというわけでもなく、300が付くモデルより力強いが、500が付くほどではないといったところ。

「h」はハイブリッド、「L」はロングモデル、すなわち3列シートモデルであることを意味する。ただし、RXの3列シートモデルのホイールベース自体は2列シートモデルと同じ2790mmのままで、リアオーバーハング(後輪よりも後ろ部分)を110mm延長することで3列目シート用スペースを確保した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します