サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > Cカブリオレ海外試乗、ベストグレードはAMG C 43。Eワゴン発表会も報告

ここから本文です

Cカブリオレ海外試乗、ベストグレードはAMG C 43。Eワゴン発表会も報告

Cカブリオレ海外試乗、ベストグレードはAMG C 43。Eワゴン発表会も報告

Cクラス カブリオレ

CクラスもSクラスもソフトトップを採用

太陽がまぶしい季節に「Cクラス カブリオレ」の試乗会に参加してきた。場所はスロベニアとクロアチアの国境に近い、イタリアの小さな避暑地トリエステだ。オープンカーで走る初夏のヨーロッパは素晴らしい。

実は今年の4月には「Sクラス カブリオレ」に南フランスで試乗したばかりなので、贅沢な余韻も残っている。Sクラス カブリオレもCクラス カブリオレも、ソフトトップを採用。クルマのサイズこそ異なるが、メルセデスの2+2クーペ・オープンカーはソフトトップで開発されているのだ。また、Cクラス カブリオレのソフトトップはSクラス カブリオレと同じ素材で、三層構造から成るルーフは異なる周波数の音を吸収できる。ソフトトップは室内の静粛性にも一役買っているわけだ。

Sクラス カブリオレの試乗会で聞いた話だが、ソフトトップのほうがコストは高く、さらにメタルトップとは違って素材を活かした色が選べるのは高級車に相応しいという。

一方、2シーター・スポーツカーの「SL」と「SLC」はルーフが小さいので、電動格納式ハードトップのバリオルーフを使うのがメルセデス流だ。一方、BMWは4シリーズのオープンに2+2のキャビンにもかかわらず電動格納式のハードトップを与えている。ソフトトップかハードトップか議論が分かれるところだが、ルーフを閉めた時にどんなキャラクターを与えるのか、そこで決まるはずだ。

メルセデスはベントレーやアストン・マーチンと同じようにソフトトップが持つ柔らかい素材が、温かみとラグジュアリー感を与えると考えている。一方、BMWはルーフを閉めた時は通常のクーペ・スタイルになるようにハードトップを採用する。どちらも一理あり、各ブランドの考え方の違いが現れていて興味深い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します