サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型スズキ カタナ発売。斬れ味より乗りやすさ? ブラックカタナは初

ここから本文です

新型スズキ カタナ発売。斬れ味より乗りやすさ? ブラックカタナは初

西部警察の「ブラックカタナ」を彷彿させる黒初採用の新型デザイン

スズキは5月30日に大型2輪車である新型「KATANA(カタナ)」を日本国内で発売しました。1980年のドイツケルンショーで発表された初代「GSX1100S KATANA(カタナ)」の復活と言われる新型カタナには、以前のメインカラーであるシルバーに加えて、はじめてブラックが追加されました。昭和のドラマ「西部警察」に登場した1100カタナ改は、ショートテール化された黒のボディで「ブラックカタナ」と呼ばれ、多くのファンに親しまれていました。新型カタナではミスティックシルバーメタリックと、今回新たにグラススパークルブラックの2色が純正色として採用されています。

新型カタナは先代1100カタナのオマージュとしてのデザインを色濃く残しながら、現代のスズキの大型2輪「GSX S1000」をベースに開発されています。最近では、「ネオクラシックカー(通称ネオクラ)」という言葉が飛び交う中、カワサキが「Z1」オマージュの「Z900RS」を昨年発売して販売台数を伸ばしていますが、新型カタナも今回の復活を多くのメディアが取り上げ、注目を集めています。

あらためて間近で見ると、タンクからシート後端までの距離が短いせいか思ったよりコンパクトに感じます。ナンバーとウインカーが一体となっているスイングアームマウントのリアフェンダーや、少し高く前方の離れた場所に位置するブレーキランプ、LED化された灯火類、刀のシャープな斬れ味が表現されているアッパーカウルなどによって、先代1100カタナのイメージが、現代のデザイントレンドで表現されています。しかし、話題になっているアップハンドルと高い位置にあるミラーには、先代1100カタナの低く構えるセパハン仕様とは異なる雰囲気を感じてしまいます。

次のページ>>低速もあるSSエンジンのストリートファイター

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します