サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型レクサス「NX」。「250」でも十分だが好バランスなのは「350h」、欧州の強豪SUVより100~200万はお手頃なはず

ここから本文です

新型レクサス「NX」。「250」でも十分だが好バランスなのは「350h」、欧州の強豪SUVより100~200万はお手頃なはず

レクサス車として初のPHEVを設定、全長全幅も20mm拡大

レクサス「NX」は、欧州ではDセグメントと呼ばれているクラスに属する人気の中型SUV。2014年に発売された初代が長きにわたって愛されていましたが、2021年10月、ついに2代目のNXが登場しました。

>>【カタログ】レクサス NXのおすすめグレードとユーザー評価を見てみる

新型が採用する車台は、「GA-Kプラットフォーム」という新世代のそれをさらに補強した改良型GA-K。ボディサイズは全長4660mm×全幅1865mm×全高1660mmで、従来型と比べて全長と全幅はそれぞれ20mmずつ長く・広くなり、全高は5mm高くなっています。

エクステリアデザインは、フロントのグリル面を直立させることでカタマリ感が強調されるとともに、リアのオーバーハングを切り詰めることで軽快感を演出。L字型のデイタイムランニングライトを際立たせたヘッドランプや、左右を一文字につなげたリアコンビランプは、まさに最新のトレンドにのっとったデザインといえるでしょう。

一方のインテリアは、左右非対称型のセンターコンソールや、ドライバーに向けて角度がつけられた大型14インチタッチディスプレイなどが特徴的。またステアリングホイール上のタッチセンサーとヘッドアップディスプレイは高度に連携されていて、運転に集中したまま各機能の制御ができるようになっています。

そして新型レクサス NXは「最新のコネクテッド機能」もセリングポイントのひとつ。マルチメディアのメインシステムやBluetoothの適合などは無線通信を介してアップデート可能で、交通情報や駐車場の空き状況をクラウド上の地図情報から取得できるナビゲーションシステムも備わっています。

新型レクサス NXに用意されるパワーユニットはハイブリッドと純ガソリンエンジンがそれぞれ2種類ずつの計4種類。レクサス車としては初めてプラグインハイブリッド(PHEV)が設定されたことも話題となっています。

>>【カタログ】レクサス NXのおすすめグレードとユーザー評価を見てみる

>>【買取】レクサス NXの買取相場は?

>>【買取】レクサス NXハイブリッドの買取相場は?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します