サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ホンダ ヴェゼル 好バランスなコンパクトSUVのおすすめグレードは?

ここから本文です

ホンダ ヴェゼル 好バランスなコンパクトSUVのおすすめグレードは?

先代とは全く違うハイブリッドシステムを採用

現行型のホンダ「ヴェゼル」は、2013年にデビューしてヒット作となった初代ヴェゼルのフルモデルチェンジ版として、2021年4月に登場しました。ボディサイズは全長4330mm×全幅1790mm×全高1590mmで、先代と比べると35mm長く、20mm幅広くなっていますが、全高は逆に15mm低くなりました。

外観デザインは、リアのピラーを寝かせたクーペ的スタイルがさらに先鋭化しましたが、全席でクリアな視界が確保される「スリーク&ロングキャビン」を採用。またフロントまわりでは、ボディとの一体感を高めた「同色グリル」を採用している点も、新型ヴェゼルの大きな特徴です。

インテリアデザインは、いかにもSUVらしい力強さを表現しつつ、体に触れる部分にはソフトパッドをあしらうなどして、強さと優しさの双方を表現。またホンダ独自の「センタータンクレイアウト」による広々とした空間とユーティリティ性は先代モデルから踏襲しているものですが、後席足元とヒザまわりの空間はそれぞれ35mmずつ拡大され、背もたれの傾斜角も後方に2度大きくなっています。

パワーユニットはガソリンエンジンとハイブリッドの2種類。ガソリンエンジンは最高出力118psの1.5L直4自然吸気で、変速機はCVT(無段変速)。WLTCモード燃費は2WD(FF)が17.0km/Lで、4WDが15.6km/Lです。

一方のハイブリッドは、1.5Lエンジンに発電用と走行用の2つのモーターを加えた「e:HEV」というタイプ。

発進時や街中を低速で走る際は、バッテリーの電気を使ってモーターで走る「EVドライブ」となり、加速時には、エンジンで発電用モーターを回して得た電気を走行用モーターに供給する「ハイブリッドドライブ」に。そして高速巡航時はどちらのモーターも使わず、エンジンがタイヤを駆動する「エンジンドライブ」になります。ハイブリッド車のWLTCモード燃費値は2WDが24.8~25.0km/Lで、4WDが22.0km/Lです。

安全運転支援システム「ホンダ センシング」は全車に標準装備で、各種情報を計測するカメラやセンサーの性能も、先代と比べて大幅に進化。アダプティブクルーズコントロールや車線維持支援機能の内容が進化し、「後方誤発進抑制機能」や「近距離衝突軽減ブレーキ」なども使えるようになっています。

また「ホンダ コネクト ディスプレー」搭載車では、自車周辺やナビに入力した目的地周辺のマップデータが自動で更新されるほか、クルマから離れた場所でもスマホを介してのドアロックやエアコン操作、スマホをキーにしてエンジンのスタート/ストップを行うことができます。

次のページ>>おすすめグレードはe:HEV Zかe:HEV PLaY

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら