サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型スズキ カタナ発売。斬れ味より乗りやすさ? ブラックカタナは初

ここから本文です

新型スズキ カタナ発売。斬れ味より乗りやすさ? ブラックカタナは初

低速もあるSSエンジンのストリートファイター

ライディングポジションはGSX S1000よりシートが少し前気味でハンドルが近く、腰高に感じます。足つき性は、シートは前に行くほど細身に絞られていますが、825mmのシート高は身長165cmの編集Uで両足の指の付け根という状態ですので、坂や傾斜のある駐車場、Uターン時などは小柄なライダーには少々使いにくいかもしれません。走り出すと、アップライトなストリートファイター的ポジションで、小回りしやすい乗りやすさを感じました。

キーをオンにすると、カラー液晶メーターのSUZUKIの文字を切れ味の鋭い刀が切り裂くデザインが演出されます。さらにエンジンスタートボタンを押すと、2005年の「GSX-R1000 K5」ベースのエンジンは低い音で簡単にアイドリングをはじめます。クラッチを握らずにワンプッシュでエンジンがスタートできる「スズキイージースタートシステム」は、エンジンスタートボタンを押し続けなくてもエンジンがかかるまで自動でスターターを制御してくれるので便利です。

1速に入れてクラッチをミートすると、215kgの車体は軽々とスタートしていきます。「ローRPMアシスト」は、アクセルを開けずにクラッチを繋いでも車両がエンジン回転を少しだけ上げてくれます。雑なクラッチミートではエンストしますが、比較的エンストしにくく、発進が気楽になります。

街中などの低速域では、GSX S1000よりもスロットル開度の小さい領域でレスポンスが多少マイルドに扱いやすくなっている印象です。スロットルの小開度時のエンジン出力の出方を緩やかに扱いやすくする「プログレッシブスロットル」は、スロットルワイヤー巻き取り部分が真円でない形状で、小開度時はスロットルワイヤーの引き幅が長くなる構造になっています。

次のページ>>進化したカタナの斬れ味より乗りやすさ?

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します