サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型XC90、10年ぶりに骨格から生まれ変わった次世代ボルボの実力

ここから本文です

新型XC90、10年ぶりに骨格から生まれ変わった次世代ボルボの実力

斬新な設計とスカンジナビアの匂い

熱間成形スチールやボロンスチールの多用により、そのボディは高剛性と軽量化を両立する。XC90で言えば、車両重量は先代より実に125kgも軽い。サスペンションは、フロントが従来のマクファーソンストラットからダブルウィッシュボーンへ。もはや5気筒や6気筒は念頭になく、それだけスペースに余裕が生まれたおかげだ。またインテグラルアクスルと呼ばれるマルチリンクのリアサスペンションも、コイルの代わりに左右に渡された1本の樹脂製リーフスプリングを使うなど、斬新な設計を採る。

もう一点、注目したいのがデザインだ。2012年にデザイン担当副社長に就任した元VWのトーマス・インゲンラートが初めてゼロから描き出したエクステリアは、一見さほど斬新ではない。しかし長いホイールベースに短いフロントオーバーハング、長いボンネットなどが実現した美しいプロポーションが、北欧神話の雷神トールが持つトールハンマーのモチーフを使ったヘッドライトなどをアクセントとしつつ、基本的にはシンプルなディテールと相まってスッキリとした美しさを湛えている。

これぞ、まさにスカンジナビアの匂い。ボルボが描き出すべきフォルムと言えるのではないだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します