サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型XC90、10年ぶりに骨格から生まれ変わった次世代ボルボの実力

ここから本文です

新型XC90、10年ぶりに骨格から生まれ変わった次世代ボルボの実力

スワイプやピンチも可能なタッチスクリーン

インテリアの変化は、より大胆だ。長らく使われてきたフローティングセンタースタックに代わってダッシュ中央には縦型のタッチスクリーンが埋め込まれている。機能をここに統合することでスイッチ類が大幅に減少し、見た目はスッキリ。LEDメーター、ヘッドアップディスプレイも採用されている。

このタッチスクリーン、使い勝手はよく練られているし、何よりスワイプやピンチイン/アウトなど各種操作に対する反応の良さが好感触だ。操作に迷った際、ホームボタン一発で戻れる辺りも含めて、まさにスマホ感覚。一方で各機能の階層分けなどは、運転しながらの操作への配慮が感じられる。しかも音声入力もあると考えれば、その完成度は初出にして相当なレベルにある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します