サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサスNX、開発者に聞く。世界初技術も採用

ここから本文です

レクサスNX、開発者に聞く。世界初技術も採用

レクサスNX、開発者に聞く。世界初技術も採用

【関連記事】北京MSで公開されたレクサスNXの生画像 【関連記事】中国美女が勢揃い、北京MS2014特集

嫌われても構わない!

レクサスが初めて北京モーターショーにてお披露目したNXは、まさに待望の1台と言える。投入されるのはいわゆるコンパクトSUV市場。今もっともホットで、そして今後も爆発的な成長が見込めるセグメントへの遅ればせながらの参入となる。

「常々、上から言われていたのは『これだけ競合が居る中で、埋もれてしまうようなものだったら、やめたら?』ということでした。」

NXの開発を指揮した加藤武明チーフエンジニアの言葉である。すでに競合車がたくさん居る中で、まず振り向いてもらえるクルマに。そこでまず重視されたのはデザインだ。

「嫌いな人は嫌いでいい。でもザワザワと来てほしい。そういうデザインを目指したつもりです。」

嫌われても構わない。これは従来のレクサスからは出てこなかった言葉ではないだろうか。この思い切りには、せっかく何のしがらみもない新しいモデルを創るのだから、中庸にする必要は無いというトップの後押しもあったという。

「振り返るとLEDヘッドライトはLSが一番最初でしたし、プレミアムSUVだってRXが先鞭をつけたものなのに、せっかく切り拓いてきたものを我々はちゃんと次に活かしていなかった。ですからレクサスの強みは何か、負けている所はどこか。改めてしっかり見つめ直しました。特に若い方にはレクサスの、あるいはRXのイメージは強くないので、そこにちゃんと響くように。『ISのようなSUVを創ろう』と言い合って進めてきました。」

そうした説明は、あるいは聞くまでもないところかもしれない。NXのスタイリングは実にアグレッシヴ。そして何にも似ていない独自の存在感を放っている。寝かされたCピラーなどフォルムはRXと共通のイメージだが、ディテールは明らかにエッジが立っていて、よりシャープな印象が強い。少なくとも外観上、これならジャーマンプレミアムと並べても埋もれてしまうことは無いはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します