サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 現在進行形のレクサス オールラインナップ試乗

ここから本文です

現在進行形のレクサス オールラインナップ試乗

現在進行形のレクサスがここに

レクサスがトヨタと決定的に違うところとして、各モデルがほぼ毎年、着実に進化していくという点が挙げられる。いや、弛まぬ熟成は進化だけでなく深化にも繋がっていると言うべきだろう。

そんなレクサスにとっては恒例となっているメディア向けのオールラインナップ試乗会が開催された。今回の目玉は、先日、登場3年目にして初のマイナーチェンジを敢行したLS。実際にはこれまでもアナウンスされているもの・いないものを含め、これまでに様々な改良の手が加えられてきたLSだが、今回は「マイナーチェンジ」と堂々謳っているだけに、より大きな跳躍が期待できるはずである。ここでは、そんなLSを中心に現在進行形のレクサスの姿をお伝えしたいと思う。

GS、ISからスタートした新生レクサスのフラッグシップとして2006年にデビューしたLSは、日本ではセルシオとして売られた初代LS400以降、ひさびさに世界のプレミアムカー市場にインパクトを与えるクルマだったと評することができる。特にこのセグメント初のハイブリッド車となったLS600h/hLの登場は、それを決定づけるものだったと言えるだろう。海外誌に、より小排気量のディーゼルモデルを引き合いに出しての偏った比較記事が幾度となく掲載されたものだ。

もちろん世界の、特にドイツのライバルを凌駕したとは言わない。しかし同じ土俵で比較され、勝負する存在として認知されたことは紛れもない事実である。

しかしレクサスの開発陣は、当然だがそれだけで満足はしなかったらしい。それこそ世界のライバルに譲る部分はまだ多いし、何より日本の市場を見れば、望んでいたほど輸入車のユーザーを誘引できてはいないという現状が、その背景にはある。

新しいLSは、本気でその状況を変えようとしている。それが今回入念に試乗した上で得た確信である。それもいかにもレクサスらしい、レクサスにしかできない方法で、だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら