サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > メルセデスCLAに先行試乗。究極のモードカー

ここから本文です

メルセデスCLAに先行試乗。究極のモードカー

ターミネーターの様なヘッドライト

「な、なんだ、漂うこのモード感は…」

新型メルセデス・ベンツCLAに乗るなり、私はなんとも言えない気分になった。まるで、スタイリッシュなイタリアンスーツに初めて身を包んだような高揚感を覚えたのだ。

フロントから見ると、まごうかたなき最新のメルセデスマスク。分かり易く、フロントグリルの中央にどっしり座るスリーポインテッドスターに、ハイテク感漂うLEDポジショニングライトにLEDウィンカー内蔵のヘッドライト。中央には映画「ターミネーター」に出てくるアンドロイドの目のような、レッドリング付きバイキセノンライトレンズまで備わっている。

それだけじゃない。グリルの内側にはショーカーのようなシルバーのドットが入り、なによりもスタイリング全体のムードだ。兄貴分のCLS譲りの優美なフォルムだが、サイズが全長4685mm×全幅1780mm×全高1430mmと大幅に小型化しているにもかかわらず、デカダンさは一緒か、ヘタするとそれ以上。

事実、ルーフからリアへかけての前後左右の絞り具合はかなりの勢いでコークボトルラインを形成し、リアの左右コンビランプの広がりにせよ、まるで蝶々の羽のよう。

これがメルセデスが作る実用的な4ドア車とは…おそらく20年前なら当のメルセデス自身でも想像できなかったに違いない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら