サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産 ルークス コスパで選ぶならSグレード。デザインが気に入れば買い

ここから本文です

日産 ルークス コスパで選ぶならSグレード。デザインが気に入れば買い

デザインが気に入れば買い

グレード展開は、まずスタンダードモデルのほうは、ベーシックな「S」と上級の「X」という2種類に大別されます。

<ルークス グレード構成>
・S…141万5700円
・X…154万6600円
・ハイウェイスターX…173万4700円
・AUTECH 174万7900円
・ハイウェイスターX アーバンクロム…180万700円
・ハイウェイスターGターボ…182万2800円
・ハイウェイスターX プロパイロットエディション…184万3600円
・ハイウェイスターGターボ アーバンクロム…188万9800円
・ハイウェイスターX アーバンクロム プロパイロットエディション…190万9600円
・ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション…193万2700円
・ハイウェイスターGターボ アーバンクロム プロパイロットエディション…199万8700円
※4WDは約13万円~14万円高

そしてハイウェイスターのほうは上級の「ハイウェイスターX」と、高速道路走行中にアクセルとブレーキ、ハンドルの操作をクルマがアシストしてくれる「プロパイロット」が付いた「ハイウェイスターX プロパイロットエディション」があり、さらに最上級グレードとして、パワフルなターボ付きエンジンを搭載した「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」というのがあります。またそれぞれに2WD(FF)と4WDの双方が用意されてもいます。

プロパイロット以外の先進安全装備は全グレードに標準装備で、もっともベーシックな「S」でも各種の装備レベルはさほど寂しい感じではありません。そのため、コスパ優先で日産 ルークスを選ぶなら「Sで十分」と言うことができます。

それ以上のどのグレードを選ぶかは、ご予算や見た目の好みの問題が関係してきますので、なんとも言えません。しかし、もしも軽自動車とはいえ「高速道路を走る機会が多い」という人は、いずれかの「プロパイロットエディション」を選んだほうが何かと快適でしょう。

日産 ルークスのライバルとなるのは、同じ「軽スーパーハイトワゴン」というジャンルに属する「ホンダ N-BOX」と、ルークスの姉妹車である「eKスペース」、「ダイハツ タント」、「スズキ スペーシア」の、それぞれ現行モデルです。

これら現行型世代の軽スーパーハイトワゴンの実力は伯仲しており、どれを選んでもそれなり以上によく走りますし、車内は鬼のように広いですし、使い勝手の面でもかなりいろいろと便利です。

そのためどれを選んでもいいというか、「好みとセンスで選ぶしかない」というのが正直なところです。

しかし日産 ルークスは現行世代の軽スーパーハイトワゴンのなかでは最後発。つまりライバルの良さを徹底的に研究したうえで、それをさらに上回るべく開発されたモデルです。それゆえ、微差ではありますが、乗り味も使い勝手も「クラストップ」ではあるでしょう。

もしもデザイン等が気に入ったのであれば、間違いなく「買いの一台」だと言えます。

次のページ>>スペック例

※このページの写真:ルークス ハイウェイスター

【 日産 ルークスのその他の情報 】
日産 ルークスの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します