サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 高くなった新型Cクラスに試乗。ステアリングは気になるが、これ買っときゃ間違いない

ここから本文です

高くなった新型Cクラスに試乗。ステアリングは気になるが、これ買っときゃ間違いない

高くなった新型Cクラスに試乗。ステアリングは気になるが、これ買っときゃ間違いない

C200 アバンギャルド

価格上昇をいとわない、明確な上級移行

約7年ぶりにフルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツCクラスは、微細にわたって考え抜かれ、従来型に対し、動力性能と先進性の面で確実に進化した。今や従来Cクラスに求められてきた内容の多くがFWD(とFWDベースの4WD)のAクラスセダンにも盛り込まれている。それを踏まえて、Cクラスは価格上昇をいとわず、明確に上級移行した。

新型Cクラスは過去最高にSクラスに似ている。Eクラスにも似ている。各モデルのヘッドランプの形状をはじめ、各モデルのディテールを見ると結構異なるのだが、全体から受ける印象は、SもEもCも似ている。さらに言えばAクラスセダンも同じデザインテイストだ。遠くからだとモデルを識別するのが難しい。ただしどれもメルセデス・ベンツであることはすぐにわかる巧妙なデザインだ。

今夏発表されたのは、セダンのC200、C200d、C200 4マチック、C350e(PHV)と、ワゴンのC200、C200d。ただしこの秋デリバリーが始まったのはセダンのC200とC200dのみで、その他のモデルは2022年のデリバリー開始が予定されている。近頃ほぼすべてのメーカーが半導体やハーネス関係の供給不足などによる生産遅れに悩まされているが、Cクラスも無縁ではいられない。

C200は1.5リッター直4ガソリンターボエンジン、C200dは2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載する。いずれも9速ATと組み合わせられる。ガソリンもディーゼルもAT内に48V電源を用いたマイルドハイブリッドシステムのISGが組み込まれる。新型Cクラスは全モデルが電動車となった。

試乗したのはC200アバンギャルド。654万円。後から廉価版が出る可能性もあるが、現時点ではこれがボトム価格なのだからCクラスも高価になった。円が弱くなったというべきか。テスト車にはパッケージオプションのAMGライン(前後バンパーやホイールが専用デザインとなるほか、人工皮革ARTICOのシート、スポーツステアリングホイールなど)や、リアアクスルステアリング(後輪が60km/h未満で逆位相に、60km/h以上で同位相にそれぞれ最大2.5度切れる)などが装着され、726万4000円の仕様となっていた。

従来型の最高出力184ps、最大トルク280Nmから、同204ps、同300Nmへとパワーアップした。またマイルドハイブリッド用のモータージェネレーターの最高出力も、従来の10KW(13.6ps)から15kW(20.4ps)へと向上した。その結果、0-100km/h加速(欧州参考値)は8.1秒から7.1秒へと短縮。WLTCモード燃費も12.9km/Lから14.5km/Lへ。ポジティブな変化しかない。

メルセデス・ベンツ Cクラスのカタログページを見る

メルセデス・ベンツ Cクラス セダンの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します