サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > プジョー5008、フレンチミニバンの実力とは?

ここから本文です

プジョー5008、フレンチミニバンの実力とは?

3年越しとなる日本初上陸

これまで307&308SWのような7人乗りのモデルを、輸入車としては早い段階から日本に導入していたプジョーだが、いわゆるミニバンを取り扱うのは、この「5008」が初めてのこととなる。実は本国では3年前にデビューしている5008だが、日本では長らく人気を保っていたシトロエンC4ピカソの販売が終了することから、その代わりに満を持して上陸することになったというわけである。

ボディサイズは全長4530mm×全幅1840mm×全高1645mmと、幅はそれなりにあるものの、車名の頭に“5”がつく割には全長はそこまで大きくはない。では室内の広さはと言えば、まず2列目は十分に快適に過ごせる場所となっている。3人分のシートはすべて独立していて、しかも同じ440mmのシート幅を確保。個別に130mmのスライドと2段階のリクライニングが可能だ。恰幅の良い人だとサイドサポートに身体がハマッてタイトに感じるかもしれないが、中央席でも落ち着いて過ごすことができるのは有り難い。

3列目はさすがに広くはなく、常時7シーターというよりは、やはり5+2と考えておいた方がよさそう。とは言っても、2列目を少し前に出せば足元の圧迫感は無くなるし、アームレストもカップホルダーも付くから、あまりに長距離でなければ案外大丈夫だろう。

 

目を見張ったのはシートアレンジが実用的で、扱いも容易なこと。3列目は左右個別に折り畳んでフロア下にしまうことができ、その際にヘッドレストの取り外しなどは不要だ。この状態でもパーセルシェルフの下だけで823Lという大きなスペースを確保できるが、更に2列目まで倒せば、実に2506Lの空間を生み出すことができるのである。

嬉しいのは、この時にフロアが完全なフラットになること。リアサスペンションの張り出しが小さく、凸凹や穴のほとんど無い、使い勝手の良さそうなフロアは、しかも高さも抑えられているから、大きく重い物の積み込みでも難儀しないで済むはずだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら