サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > レクサス UXの魅力は都市生活者向きの“いいモノ感”。ベースグレードでも装備は十分だがおススメはハイブリッド

ここから本文です

レクサス UXの魅力は都市生活者向きの“いいモノ感”。ベースグレードでも装備は十分だがおススメはハイブリッド

レクサス初のTNGAで走りは上質だがキャビンと荷室はタイト

「レクサス UX」は2018年3月のジュネーブ国際モーターショーで初公開され、同年11月に発売されたレクサスのコンパクトクロスオーバーSUV。「メルセデス・ベンツ GLA」や「BMW X1」、「アウディ Q3」などと競合するモデルです。

コンセプトは「Creative Urban Explorer」で、レクサスいわく「新たなライフスタイルを探求するきっかけ=CUE(キュー)となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバー」とのこと。現行型の「プリウス」や「カローラ スポーツ」に採用された新世代プラットフォーム「GA-C」を、レクサスとして初めて採用したモデルでもあります。

ボディサイズは全長4495×全幅1840×全高1540mmで、2640mmというホイールベースはトヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」と同一ですが、全体としてはC-HRよりひと回り長く、幅も少し広いといった寸法感です。

外観は、フロントまわりにレクサスではおなじみの「スピンドルグリル」を配し、リアまわりには「レーシングカーのリアウイングをイメージした」という形状のリアコンビランプを配置しています。

インテリアでは、伝統的な「刺し子」をモチーフとしたキルティングのシート表皮や、和紙の質感を表現したというインパネのオーナメントなど、日本の美意識を取り入れたデザインが採用されているのもレクサス UXの特徴です。

当初採用されたパワートレインは2種類でした。「UX200」は最高出力174psの2L直4自然吸気直噴ガソリンエンジン+CVTで、駆動方式はFFのみ。そして「UX250h」は、UX200とは出力の異なる2Lガソリンエンジンを、最高出力109psのフロントモーターがアシストするハイブリッドシステムを採用。UX250hには全グレードにFF車のほか、後輪を最高出力7psのリアモーターで駆動する4WD車も用意されました。

そして2020年10月には、レクサスブランドとしては初のEVである「UX300e」を追加。これはフロントに搭載される最高出力203psのモーターで前輪を駆動するFWD車で、車体底部に蓄電量54.4kWhのリチウムイオンバッテリーが搭載されています。一充電走行可能距離はWLTCモードで367kmとのことです。

EVのUX300eはごく少量を販売する予定の特殊なモデルなので話を割愛しますが、それ以外のガソリン車およびハイブリッド車は、いずれも「GA-C」という新世代プラットフォームの恩恵により、すこぶる上質で軽快な走りを披露します。

また全高が1540mmに収まっているため、一般的な機械式駐車場に収めることができるというのも、都市部に住まうレクサスの潜在ユーザーにとっては朗報でしょう。

ただし車内はいささかタイトというか、正直若干狭めです。また車内がタイトなのはいいとしても、デッキボード上部の荷室容量が220~305Lしかないというのは少々考えものかもしれません。ちなみに同種のプレミアムコンパクトSUVであるメルセデス・ベンツGLAの荷室容量は425Lです。

次のページ>>ベースグレードでも装備は充実。動力性能で選ぶならハイブリッド

【 レクサス UXのその他の情報 】
レクサス UXの買取相場

【 レクサス UXハイブリッドのその他の情報 】
レクサス UXハイブリッドの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します