サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > “特別なEクラス”として開発されたオールテレインに試乗

ここから本文です

“特別なEクラス”として開発されたオールテレインに試乗

エンジンは直4&V6ディーゼル、ABCは専用チューン

走りもノーマルのステーションワゴンとはひと味違う。車高が高く、専用にチューニングされたABC(エア・ボディ・コントロール)を搭載しているのだから当たり前だが、重心が高くなった事による弊害はほとんど感じられず、むしろ一層上質感に溢れているのである。

搭載されるパワーユニットは「E220d 4マチック オールテレイン」が最高出力143KW(194ps)/3800rpm、最大トルク400Nm/1600~2800rpmを発生する新世代のOM654型2.0リッター直4ディーゼル・ターボ、「E350d 4マチック オールテレイン」は190kW(254PS)/3400rpm、620Nm/1600~2400rpmを発揮する3.0リッターV6ディーゼル・ターボとなる。当面はこの2種類のディーゼルのみとなる予定で、ガソリン・エンジンの追加は未定だ。トランスミッションは9速ATの9Gトロニックが標準で、駆動方式は電子制御フルタイム4WDの4MATICとなる。

実際にステアリングを握ると、その上質な乗り味に驚かされた。ベースとなったステーションワゴンも上質な走りを実現しているが、オールテレインはよりしっとり落ち着いた、クルーザー的な走りを手に入れているのである。

これにはもちろん、たっぷりのストローク量を持つエアサスペンションや、拡大されたトレッドが寄与している事は間違いない。決してフワフワとしているわけではなく、余計なローリングやピッチングは抑えられており、路面のうねりを越えた時の上下動もすぐにピタッと収束する。それでいて細かな振動は見事に遮断し、フラットで滑らかな乗り心地を実現しているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します