サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 2億円オーバーのスパイダー「マクラーレン エルヴァ」に試乗。高速域よりワインディングロードが楽しい

ここから本文です

2億円オーバーのスパイダー「マクラーレン エルヴァ」に試乗。高速域よりワインディングロードが楽しい

コロナの影響で生産台数が300台から149台に減った

マクラーレンの「アルティメット(究極)シリーズ」にニューモデルが登場した。「エルヴァ」である。「エルヴァ」は196~67年の間に創始者ブルース・マクラーレンが開発したグループ7のレーシングカーに由来する。当時マクラーレン社にはこのマシンを生産するキャパシティがなく、「エルヴァ社」に依頼したのでそう呼ばれるようになったのだ。ちなみに「ELVA」とはフランス語の「elle va」で「彼女は運転する」という意味である。ほとんどの人がこのクルマの名前をナポレオン1世が流刑され余生を過ごしたイタリアのエルバ島と勘違いしているようだが、アルファベットのスペルは、マクラーレンが「ELVA」で、島の名前は「ELBA」となっている。

試乗会はモナコで開催されたが、ここが選ばれたのは1962年のF1モナコグランプリでブルース・マクラーレンが初優勝したことに起因している。この町、失礼このモナコ公国はまさに虚栄の空間で、コロナ禍の封鎖状態にあっても有名なホテル・ドゥ・パリの周りにはルノーやフォルクスワーゲンよりもフェラーリやランボルギーニが多く集まっている。そんな中でもエルヴァは街行く人々がスマホを向けるほど、特に人目を惹く存在だ。ルーフどころからパッセンジャーの周りには風をさえぎるウィンドシールドもサイドウインドウもない、まさにレーシングカーを公道に引っ張り出したようなデザインを見れば当然である。

3年の開発期間を経て、顧客へのデリバリーが始まったエルヴァの価格はドイツで19%の付加価値税込でおよそ169万5000ユーロ(約2億2000万円)。本来は299台の限定生産であったが、英国での深刻なコロナ感染拡大による工場封鎖が生産の遅延を招き、次期モデルの生産スケジュールもあって、最終的な生産台数は149台となってしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します