サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ポルシェ911の歴史とは異端のリアエンジンの弱点を克服することにある

ここから本文です

ポルシェ911の歴史とは異端のリアエンジンの弱点を克服することにある

RRの弱点を克服することこそ、911の歴史

私はこれまで、様々な場で「ポルシェ 911」の魅力は「不条理な未完成」にあると語ってきた。すなわち、リアアクスルより後方にエンジンを搭載すると言う通常では考えられないレイアウトを採用しているからである。しかしアウグスト・アハライトナーをはじめとする開発チームは長年に渡って、この課題を克服しようと努力し続けている。この過程がまるで人間という不条理で未完成な存在がより良き自分を求めているように思われるのだ。

前述の開発担当アウグストによれば911の開発は7年から8年が必要だという。それは通常の開発要件(法的あるいは顧客要望など)に加えて、来るべきモータースポーツ・レギュレーションにも対応しなければならないからだと言う。今回のタイプ992、すなわち8世代目の911の開発は先代の991が発表された2011年頃からスタートしていたことになる。

プロジェクト・リーダーのアンドレアス・プレッブストレスによれば最新の911に要求されたのは、これまでと基本的には同じ「より高いスポーツ性能と、安全&快適性の向上」である。スポーツ性能の向上はほぼビス1本から開発された新しいフラットシックスが、安全性は追加されたカメラによるADAS(これだけでおよそ20kgの重量増加!)が、快適性は大きくなったキャビンと4cmワイドになったトレッドによる安定感がもたらしている。ワイドトレッドは同時にダイナミック性能の向上にも役立っている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します