サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > MINI クロスオーバー ミニらしさは健在か?

ここから本文です

MINI クロスオーバー ミニらしさは健在か?

ミニスカートとミニ(Mini)の関係

ミニという言葉は1960年代に生まれたが、その語源はクルマの「ミニ」だという説が有力だ。事実、鬼才アレック・イシゴニスの手になる革新的な設計が自動車の形になったのが1959年。それに続いて、ミニスカートの流行がミニという言葉を定着させた。そのミニスカートも、「ミニ」なしでは生まれなかった。デザイナーのマリー・クワントが、当時、ミニに乗っていて「愛車のようなキュートなファッションを作りたい」と提案したのがミニスカートだった。

何故、こんな話をしたかと言えば、ミニ一族に新たに加わった「カントリーマン(日本名:クロスオーバー)」が、全長×全幅×全高=4097(クーパーSは4110mm)×1789×1561mmとなり、もはやミニとは言えないサイズになったからだ。果たして、ミニと呼ぶべきだろうか?

そんな疑問を胸に、コロンと丸いキーとiPhoneを受け取った。混雑している空港の駐車場でも、つぶらな瞳でこちらを見るミニの一群が目にとまる。SUV風になっているが、一見してミニとわかるデザインだ。もちろん、細部にミニらしくあるための努力がうかがえる。大きなヘッドライトと五角形グリルはそのままだが、ウィンドスクリーンを寝かせ、ホイールアーチをブラックアウトさせ、リアランプをハッチゲートの隅に置くことでより低く幅広く見せている。ピラーをブラックアウトさせてヘルメットのようなルーフをかぶせることで、ミニ一族に共通するルーフラインを崩さないように心がけている。見た目は、ミニと認めてもよさそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら