サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 1.4Lターボ搭載、3ナンバーボディに拡大された新型スイフトスポーツ発表

ここから本文です

1.4Lターボ搭載、3ナンバーボディに拡大された新型スイフトスポーツ発表

スズキは9月13日、「圧倒的な動力性能」「エキサイティングなハンドリング性能」を追求したホットハッチ、3代目「スイフトスポーツ」を発表した。3ナンバーボディへの拡大、1.4リッター直噴ターボの採用、先進安全技術の充実などが行われ、価格はMT車が183万6000円、AT車が190万6200円。発売は9月20日からとなる。

初の3ナンバーサイズに

新型スイフトスポーツのボディサイズは、5ナンバーサイズにこだわったノーマルモデルに対して、前後トレッドを30mm拡大、フロントノーズを50mm延長したことで、全長3890×全幅1735×全高1500mmと初の3ナンバーサイズに到達。全高も先代スイフトスポーツより10mm低められ、ロー&ワイドなフォルムを得た。

エクステリアは、フロントグリルやバンパー下部、サイドアンダースポイラー、リヤディフューザーにカーボン調シボが施され、さらにグロスブラック塗装に切削加工を組み合わせた17インチアルミホイール、存在感のあるデュアルエキゾーストパイプなどでスポーティ感を強調。インテリアはブラックを基調としながら適所にレッドをあしらい、素材においても機能性と質感を追求したという。フロントにはサポート性、ホールド性を向上させた新開発の専用シートが装備される。

専用チューニングの1.4リッター直噴ターボを搭載

エンジンは先ごろエスクードの追加モデルにも搭載された1.4リッター直噴ターボを搭載。専用チューニングとハイオク仕様への変更により最高出力140ps、最大トルク230Nmを発揮する。排気音にもチューニングが施され、ターボのトルク感を体感できる気持ちを高めるサウンドを演出したという。トランスミッションは、ショートストローク化、操作荷重の適正化、先代同様にクロスレシオを採用した6速MTと、先代のCVTから変更されたパドルシフト付き6速ATが用意される。

スズキ初の「車線逸脱抑制機能」採用

セーフティパッケージ装着車には、単眼カメラとレーザーレーダーでクルマや歩行者を捉えてブレーキによって衝突を回避または被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、「アダプティブクルーズコントロール」、「誤発進抑制機能(MT車除く)」、「ふらつき警報機能」「先行車発進お知らせ機能」などを搭載。またスズキ初の安全技術として、車線を逸脱しそうな場合にステアリングをアシスト制御して車両を中央付近に戻すよう支援する「車線逸脱抑制機能」が採用された。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します