現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格

ここから本文です
試乗記 2019.9.24 レポート:小沢 コージ / 写真:篠原 晃一

ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格
  • ホンダN-WGN試乗。すべてがひとクラス上だが気になるのは価格

先代はド真ん中狙い過ぎて次第に埋没してしまった

ガチョーン! 不躾オザワ、新型「N-WGN」で秘かに衝撃を受けてしまったぜ。あれは発表会で古館LPL(ラージプロジェクトリーダー=開発責任者)を直撃した時だ。恐らくオザワだけではないと思うが、まず2013年に出た初代N-WGNについて「それなりに売れてたんだろうな」と勝手に思い込んでいた。

というのもN-WGNは、スズキ「ワゴンR」やダイハツ「ムーヴ」対抗の軽ハイトワゴン。「N-BOX」のような1.7m台の車高や両側スライドドアはないものの、室内は広いしクオリティもN-BOXレベル。黙っててもワゴンR、ムーヴ並みには売れてると信じてたわけ。

どっこい調べてビックリ。2018年販売はムーヴ、ワゴンRどころか日産「デイズ」やスズキ「ハスラー」にも負ける5位グループ常連。それについて開発者の敗因分析がなるほどだった。「初代はジャンルのど真ん中を狙おうと“ホームラン軽”って考え方で、価値観のど真ん中を狙ったんですけどこれが…。発売直後は良かったけど、他に似すぎて次第に埋没しちゃったんです。我々はNシリーズというブランドを築くつもりだったのが、世の中にはN-BOXブランドが出来ていたんです」。

つまり、サザンオールスターズではなく、桑田佳祐とその仲間達みたいな感じ? 「そうかもしれません(笑)」。世の中、成功者が仕事から結婚まで全部成功してるとは限らない。飛ぶ鳥を落とす勢いのNシリーズだけど、明らかな成功者は長兄N-BOXのみ。他は割と苦戦してたのよ。

しかし失敗こそ成功の母。ホンダは2代目で大胆な成功の新ストラテジー(戦略)を描いた。それが「ノールック作戦」、ライバルを見ずにNの良さを必死に磨く戦略である。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します