現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

ここから本文です
試乗記 2019.1.9 レポート:石井 昌道 / 写真:篠原 晃一

日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた
  • 日産リーフに航続距離を約40%&加速性能を向上させたe+を追加。早速走りを確かめた

実用性が劇的に向上した

かねてから待たれていたリーフのハイパフォーマンス・モデル、リーフe+がいよいよデビューする。バッテリーの総電力量はスタンダード・モデルの40kWhに対して62kWh。モーターは型式こそEM57と同じだが、最高出力は110kW/3283-9795rpmから160kW/4600-5800rpmへ、最大トルクは320Nm/0-3283rpmから340Nm/500-4000rpmへとスープアップされている。超低回転から大トルクを発生するモーターによって、スタンダード・モデルでも十分に加速はいいが、車両重量が160kgほど重たくなることへの対応だろう。

気になる航続距離はスタンダード・モデルが322km(WLTCモード)/400km(JC08モード)/240km(米EPA)のところ、458km(WLTCモード)/570km(JC08モード)/361.6km(米EPA)と約40%伸長。バッテリーが55%容量アップしたのだから、電費としては少し落ちていることになる。車両重量による影響が大きいのだろう。とはいえ、長大な航続距離はe+の最大の魅力。初代リーフの初期モデルなどは、真冬にヒーターを効かせていると50km程度しか走れないなんてこともあったが、e+なら条件が良くなくても300km近くはいけそう。約8年の時を経て、実用性は劇的に上がったと言える。

実用性といえば充電性能の向上も見逃せない。急速充電器を使うと、SOC(充電状態)が低いときにはスピーディだが、50%を超えて80%に近づくにつれて電流が絞られて遅くなっていく(急速充電では上限が80%)。その特性は大容量となっても同じだが、40kWhでSOC50%から30分充電したときに比べて、62kWhでSOC50%から30分充電すると約40%多く電力を入れられる。小さなコップよりも大きなコップのほうが、気を使わないでドボドボと水を入れられるイメージだ。

また、現在の急速充電器は出力電力50kWが一般的だが、e+は100kWまで対応。そう遠くない将来に普及する高出力急速充電をも見越している。普通充電では、従来はオプションだった車両側の6kW充電器が標準対応となった(ノーマルは3kW)。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bty*****|2019/01/09 11:02

    違反報告

    その航続距離が本当なら凄い。
    それを7がけしたとしても、実用に値する。

    次は4WDモデルを追加してください。
  • sfg*****|2019/01/09 11:54

    違反報告

    単純に熱密度が上がる=バッテリーの劣化が早い。

    きちんと温度管理しているのかな。他社は温度管理や、
    バッテリー交換の保証制度がきちんとしているのだが。

    そうでないと、すぐに劣化して、容量アップの意味がなくなる。
  • nep*****|2019/01/09 12:40

    違反報告

    初代リーフに乗ったがモーターならではの加速とトルク感に驚きました。これで航続距離も長くなれば市街地使用だけでなく、郊外へのドライブも安心して行けますね。
    ただ、我が家は一戸建てでも駐車場が月極め駐車場なのでEVやPHVは自宅で充電出来ないので、購入の対象外になってしまうんです、残念!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します