現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題

ここから本文です
試乗記 2019.2.28 レポート:小沢 コージ / 写真:市 健治

450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題
  • 450km走る日産リーフe+は性能面もアップした自信作だが400万円台の高級感が課題

バッテリーも航続距離もようやく世界基準に

遂に!? いややっと来たましたか! って気分である。そう、バッテリー容量を従来比で約1.5倍にした期待のタフネス大容量モデル、「日産リーフ e+(イープラス)」のことだ。おととしの2代目デビュー時から登場は明言され、例のゴーン問題で多少遅れたとはいえなにより時代がコイツを求めていた。

なんせ直接ライバルではないものの、EVとして規格外の売れ方を見せる「テスラ モデルS」は最大100kWhの巨大バッテリーが搭載可能で、巡航距離は北米EPA基準で539km。日本未発売だがその弟分たる「モデル3」は、スタンダードで50kWh、ロングレンジモデルで75kWhの巨大バッテリーを搭載し、航続距離は最長499km。

また「ジャガー I-PACE」は90kWhを搭載し、現実に近いWLTCの走行モードで470kmも走るし、来年出てくるVW系も軒並み航続距離400km以上を公言。

リーフ以外は価格でほぼ500~1000万円を超えるプレミアム系ばかりとはいえ、今や乗用ピュアEVでバッテリー容量50kWhオーバーは当たり前。航続距離500kmが見えてこないと話にならないって状況なのだ。

その点、このリーフe+はバッテリー容量が標準モデルの40kWhから62kWhに55%もアップし、航続距離はWLTCモードで322kmから458kmに40%もアップ。これで世界基準。言わばEV界のセンター試験を遂にクリア! ってわけだ。例えは古いけど。

待望度はかなりのレベルで、1月9日発表、23日発売で1月の客の約5割がe+。みなさん、お待たせしました~って状態でもある。

試乗ステージ:横浜周辺

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rjt*****|2019/02/28 07:21

    違反報告

    新車時の航続距離、カタログ値の400kmはわかった!

    3年後、5年後の実航続距離が知りたい
  • yam*****|2019/02/28 07:51

    違反報告

    内外装共に200万円代がせいぜいの質感だからな。
  • nav*****|2019/02/28 10:58

    違反報告

    近未来感が無い。ステータスも無い。大衆向けの様なデザインのEVが400は高過ぎだろ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します