現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得

ここから本文です
試乗記 2018.9.25 レポート:佐野 弘宗 / 写真:菊池 貴之

ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得
  • ボルボV60 T5は装備に価値を見出せるならドイツ御三家より確実に買い得

V60 T5 インスクリプション

全幅の縮小は日本からの再三にわたる要望

兄弟車といえるXC60がすでに世に出ていることもあって、新型V60のデザインや技術内容に新味はさほどない。競合車と想定するのは、メルセデスCクラスやBMWの3シリーズ、アウディA4の各ワゴンモデルだが、これらと比較した新型V60の特徴は、現時点でもっとも立派なボディサイズで、室内空間や荷室などもクラストップといえる広さをもつことだ。

とくに荷室の使い勝手の良さは印象的で、絶対容量がクラス最大級であるだけでなく、荷室の形状も四角くて積みやすく、フロアの真ん中に内蔵された収納式パーテーションボード(正式名はグロサリーバッグホルダー)も全車標準装備。さらに、シートバックが荷室側からレバー操作で倒せる機能はめずらしくないが、その可倒動作にモーターアシストがついて、素早く倒れてピタリとフラットになる一連の高精度な所作には素直に感心する。

クラスでは大きめのボディサイズ(とそれによる広い室内空間)が良くも悪くも新型V60の特徴だが、興味深いのは全幅だけが先代より15mmも縮小していることだ。直列6気筒エンジンを横置きする必要があった先代V60は、ボディが幅広くならざるを得ない面があったのは事実だろう。ただ、先代の1865mmという全幅も、今の目で見れば幅広すぎるというわけでもない。今回の全幅縮小はやはり異例といっていいが、ボルボ日本法人は「新型V60の全幅縮小には、われわれ日本からの再三にわたる要望も影響したことは間違いありません」と胸を張る。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します