現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー

ここから本文です
試乗記 2019.4.17 レポート:サトー タケシ / 写真:篠原 晃一

ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー
  • ボルボ V60 クロスカントリー試乗 真面目な遊びグルマは意外とスポーティなドライバーズカー

ボルボ V60 クロスカントリー T5 AWD Pro

最低地上高は210mmを確保する

ミドルクラスのステーションワゴンである「ボルボ V60」の車高と最低地上高を上げると同時に4輪駆動システムを与え、悪路の走破性能を高めたモデル。「ボルボ V60 クロスカントリー」をひとことで説明すると、そういうクルマだ。ただし試乗をしてみると、ちゃちゃっとお手軽に付加価値を盛った、なんちゃってSUVではないことがよ~くわかった。

たとえば悪路走破性能の指標のひとつとなる最低地上高を見ると、V60比でプラス65mmの210mm。ちなみに同じボルボのSUV「XC60」が215mmだから、相応のロードクリアランスを確保していることがわかる。

インプレッションの前に日本仕様のスペックをお知らせすると、パワートレーンは2.0L直列4気筒直噴ターボエンジン(最高出力254ps)と8ATで、この組み合わせはボルボが言うところの「T5」。これに4輪駆動システムが付いて「T5 AWD」となる。ボルボ V60のT5はFF(前輪駆動)のみの設定だから、ここからもV60 クロスカントリーにタフな性格が与えられていることがわかる。日本仕様のグレードは、「T5 AWD」と、ナッパーレザーシートやharman/kardon(ハーマン カードン)のプレミアムサウンドシステムを標準装備する「T5 AWD Pro」の2種類となる。試乗したのは後者。

クロスカントリー専用の前後バンパーやフェンダーを備えることで、V60から少しサイズがアップしており、全長はプラス25mmの4785mm、全幅はプラス45mmの1895mm、全高はプラス70mmの1505mm。日本の多くの立体駐車場は全高1550mm以下なら入庫できるから、ほどよい背の高さだと言える。ただし横幅が広がっているので、立体駐車場を使う人はガレージのスペックを確認したほうがいいだろう。

メーカーから編集記事を探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mis*****|2019/04/17 16:35

    違反報告

    V60も派生含め高くなったもんだなぁ。
    300万円台で乗り出せる車としては最高に良い選択だとは思ったけど、500万軽く超えてくるなら別になぁという気になってくる。
  • yxa*****|2019/04/17 15:29

    違反報告

    V60はFFだし車高が低く乗り降りしにくいので、楽しみに待っていたのですが
    ・デブ(車幅)に戻った、1850㎜のセールスポイント台無し
    ・燃費は12.0位で先代やV90より悪い、車重はXC60並なのにディーゼル無い
    カッコイイし安全性能最高なのに残念です。
    最近のボルボは相次ぐ値上げやパワートレーンなど顧客ニーズを掴んでいない。
    XCシリーズの人気に胡坐をかいていると、アウディの二の舞いになるよ、木村社長!
  • zvv*****|2019/04/17 19:00

    違反報告

    言うまでもなく、元祖スバル(レガシィ)アウトバックのパクリ車。

    まあ、ボルボがチャイナ系となった今となっては、パクリに恥も外聞もないのもこれまた当然か。。。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します