現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗 > ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

ここから本文です
試乗 2018.4.6 レポート:岡崎 五朗 / 写真:小林 俊樹

ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ
  • ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

シンプルな造形でボルボらしさを表現できている

ここ1年のボルボの勢いはすごい、XC60は日本カーオブザイヤー、北米SUVオブザイヤー、英国カーオブザイヤー、ワールドカーアワードを受賞。今回紹介するXC40もすでに欧州カーオブザイヤーを獲得している。まさにアワード総ナメ。もともとボルボが好きで、初代XC90やV40のオーナーだったこともある僕からしても、数年前には予想すらできなかった快進撃である。

その背景にあるのが中国資本の導入というのは何とも興味深い。2010年に親会社がフォードから中国のジーリーに変わったことで、ボルボは莫大な開発資金を獲得。しかもジーリーは「カネは出すが口は出さない」というなんとも太っ腹な方針を打ち出した。これを受けボルボは新しいプラットフォームの開発に着手。その結果生まれたのが現行XC90だ。そしてそのプラットフォームを使いV90/S90、XC60と立て続けに新商品をリリース。先日のジュネーブモーターショーでは、これまた美しい姿をもつ新型V60をデビューさせた。

インド資本の傘下入りし息を吹き返したジャガー/ランドローバーもそうだが、エンジンやプラットフォームを使い回してコスト低減を図るというフォード流ビジネスは、プレミアムブランドの魅力をスポイルこそすれ、増すことはできなかった。そう、プレミアムに必要なのは効率ではなく、独自性なのである。

そういう意味でいくと、XC40もまた独自性の塊のようなモデルだ。コンセプト自体はいま流行りのコンパクトSUVだが、まずデザインが素晴らしい。なかでもいいなと思ったのは、全体をシンプルでクリーンな造形で構成していること。グリルにしても、昨今の流行にあえて背を向けたかのように、シンプルな形にとどめている。それでいて、きちんとボルボらしさを表現できているのがすごい。

たとえグリルからアイアンマークを外してしまっても、誰もがこれはボルボだとわかるはず。ドイツ車やレクサスのように、大きくて派手な顔つきにしなくても、オリジナリティはちゃんと表現できるんだ、というお手本のようなデザインである。最近のカーデザインはさながら顔競争の様相を呈しているが、ボルボのデザインはそんな状況にアンチテーゼを投げかけているようにすら思える。いずれにしても、盛り盛りのデザインではなく、引き算のデザインをさせたらいま最高に上手なのがボルボである。

試乗ステージ:箱根エリア

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します