現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?

ここから本文です
試乗記 2013.6.8 レポート:吉田 匠 / 写真:中野 英幸

第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?
  • 第3世代のパンダ登場 チンクとどっちを選ぶ?

パワートレーンはチンクエチェントと共通

実はこの新型、つまりパンダIIIは、パンダIIのプラットフォームとそのボディの基本骨格をベースにして生み出されたクルマだ。そのことは、2300mmのホイールベースがIIと同じであることに加えて、Aピラーから後ろのドアやリアクォーターウィンドーのアレンジメントもIIと共通する、という事実が示しているといっていい。

その一方で、今日のチンクエチェントは当時のパンダIIのプラットフォームをベースに生み出されているから、チンクエチェントとパンダIIIは根幹のところで互いに共通するものを持つクルマだということもできる。つまり面白いことに、イタリアの50~60年代におけるベーシックカーの末裔と、80~90年代のおけるベーシックカーの末裔が、今では基本的な部分で共通するプラットフォームの上に成り立っている、というわけである。

プラットフォームの基本が共通しているから、チンクエチェントとパンダIIIは、パワーユニットの多くも同じものを用いている。今回、日本にシングルモデルで導入された正式車名Panda Eazyのパワートレーンもまさにそれで、チンクエチェントのエンジンとして日本でもよく知られた875ccの2気筒マルチエアターボと、シングルクラッチ2ペダルのロボタイズドMT、5段デュアロジックの組み合わせが搭載されて、いうまでもなく前輪を駆動する。標準状態で85ps/5500rpmのパワーも、14.8kgm/1900rpmのトルクも、チンクエチェント用と変わらない。

試乗ステージ:東京湾岸エリア 車種:パンダ

    グレード=パンダ イージー
    全長×全幅×全高=3655×1645×1550mm
    ホイールベース=2300mm
    車両重量=1070kg
    駆動方式=FF
    エンジン=875cc直列2気筒ターボ
    最高出力=63kW(85ps)/5500rpm
    最大トルク=145Nm(14.8kg-m)/1900rpm
    トランスミッション=5速シーケンシャル
    JC08モード燃費=18.4km/L
    車両本体価格=208万円
    発売日=2013年6月1日

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します